• ファクタリングとはなにか

    ファクタリングとは、他人が第三者に対して有する債権を買い取り、他人に代わって債権回収することを言います。

    ファクタリング関する情報探しのお役に立つサイトです。

    簡単にいうとある会社Aが第三者Bにお金を貸します。
    支払い期限が来た時にAはBから直接お金を回収してもよいですが、直接お金を回収せずに債権回収会社Cにお金をBから回収する権利を売ってしまい、CがBからお金を回収します。
    この債権譲渡をして、債権回収会社が債権者に代わって債権回収することをファクタリングといいます。ファクタリングをすることには、債権者と債権回収業者双方にとってメリットとデメリットがあります。

    まず、債権者にとってのメリットは、債権の支払い期限までに債権を現金化することができることです。


    つまり、債権者は債権回収業者に債権を売ることで債権を現金化でき、支払い期限まで待つことを要しません。



    逆にデメリットとしては、債権者は債権回収業者に手数料を支払う必要があります。



    例えば、100万円の債権を債権回収業者に90万円で売ると、支払い期限よりも早く現金化できる代わりに、債権者は本来手にするはずだった額よりも10万円少ない額しか手に入りません。
    逆に債権回収会社のメリットは、ファクタリングをすることで、債権者から手数料を得ることができることです。

    デメリットは、通常ファクタリングにおいては、貸し倒れのリスクは、債権回収会社が負担することです。

    このように双方にとってメリット、デメリットがありますが、債権回収業者は、許可制でいくつかありますので、自分に会った会社を選びましょう。