• ファクタリングの利用で注意したいポイント

    融資を受けることができない企業の資金調達方法として、ファクタリングが注目されています。


    これは企業間取り引きでは普通に利用されている売掛金を売却することで現金を得るものです。


    その利用に関しては注意点もいくつかあります。

    ファクタリング情報ならこちらをご利用ください。

    まず売掛金には未回収リスクが伴うということが挙げられます。


    そのためにファクタリングの手数料は高めに設定されています。



    リスク回避のためには当然と言えるものですが、逆にあまりに手数料が安い業者は要注意と言えます。


    何かしらの請求が行われる可能性があるので、相場の手数料を知っておく必要があります。
    また、手数料は何を基準に設定されるのかも知っておくことが大事です。


    まず売掛金を支払う取引先の経営状態が審査対象となります。

    売掛金は支払われた後に一ヶ月ほど経ってから現金化できるものです。

    その際に売掛先の経営状態が悪化する可能性もあります。


    また売掛金を現金化できるまでの期間がどのくらいなのかも、手数料に影響します。あまりに長い場合には、やはりリスクが高まることから手数料は高めに設定されます。また売掛金を売却する利用会社の信頼度もチェックされます。


    これは、取引先からの売掛金がファクタリング会社に渡る前に、まず先に利用会社へと支払われるからです。その後に倒産という事態になれば、ファクタリング会社は売掛金を回収することができなくなってしまいます。



    このような手数料に関する仕組みも理解しておくことが大切です。