• 資産管理とファクタリングを行うメリット

    サラリーマンは毎月決められた日にお給料が入りますが、個人事業主や経営者はそうではありません。

    ファクタリングについての情報はこちらです。

    会社間の取引では締め日と支払日が決められており、締め日から支払日の間が数か月ある場合もあります。



    この期間のことを支払いサイトと呼びます。


    支払いサイトは長ければ長いだけ、仕事をしても現金が入ってきません。

    仕事をして請求書を発行したものは売掛金として資産に組み入れることができます。しかし売掛金はまだ手元に現金として入ってきていないものですので、その資産を投資に利用することはできません。事業では少なからず費用がかかりますので、投資資金をいくらか確保しておくことは、事業をうまく継続するうえでも重要なことです。

    特に何か支払いをしなくてはならないものがある場合、支払いサイトが長いことで自身の支払いができず、黒字なのに倒産してしまうような例もあります。
    そうなる前にファクタリングを利用し、キャッシュフローを改善することが重要です。



    ファクタリングは資産を買取専門業者に譲渡することにより、入金予定日よりも先に現金にすることができます。ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものがあります。3社間で行うものは取引先とも契約の締結が必要です。

    契約が完了したら、本来の支払日の入金先がファクタリング業者になります。

    売掛金が現金になっていれば商品を入荷したり人を雇ったり、新しい機材を購入したり、さまざまな「投資」をすることができます。


    事業をうまく進めていくためには、現金をいかにして確保し、次の仕事に投資できるかが重要になるのです。